ウッドデッキに使われる素材の種類とは

query_builder 2024/02/17
コラム
4

ウッドデッキに使われる素材は、大きく分けると木材・樹脂木の2種類です。
木材は耐久性が低くメンテナンスに手間がかかると思われがちですが、種類によっても異なります。
そこで今回は、ウッドデッキに主に使われる木材の種類をご紹介します。


▼ウッドデッキに主に使われる素材の種類
■ACQ加圧注入木材
ACQ加圧注入木材は、耐久性を向上させるために圧力をかけながら防腐剤を注入した木材です。
防腐効果が高くシロアリ被害も起きにくいのが特徴で、屋外での使用に適しています。
■レッドウッド
レッドウッドは、美しい色調と緻密な木目が特徴です。
耐候性や耐腐朽性が高いため、ウッドデッキに適しています。
■ウエスタンレッドシダー
ウエスタンレッドシダーは、柔らかいソフトウッドに属しています。
美しい外観・高い耐久性・防菌効果・防虫効果・軽量で、取り扱いやすいなどがメリットです。
■イペ
イぺは南米原産の木材で、非常に耐久性が高く腐食しにくい特徴を持つため、屋外での使用に適しています。
ただし硬く重量があるため、施工が難しいのが欠点です。


▼まとめ
ウッドデッキに主に使われる素材の種類には、ACQ加圧注入木材・レッドウッド・ウエスタンレッドシダー・イペなどがあります。
最適な素材は、予算・デザインの好み・メンテナンスのしやすさなど、さまざまな要素に左右されるでしょう。
素材選びは、それぞれの特徴をよく認識し、お客様に的確なアドバイスの提供が大切です。
深谷市の『五十嵐土建』では、新しいスタッフを募集しております。
「お客様の喜ぶ顔が見たい」と、やる気あふれる方はぜひご応募ください。

NEW

  • スタンプコンクリートとは?

    query_builder 2024/04/15
  • 外構工事業者の選び方

    query_builder 2024/06/08
  • 外構をメンテナンスする重要性とは

    query_builder 2024/06/01
  • 夏バテを解消するには

    query_builder 2024/05/22
  • 異業種に転職するメリットは?

    query_builder 2024/05/15

CATEGORY

ARCHIVE